読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元美容師が教える美容院と髪のこと

元美容師が美容院と美容師、髪の毛のことを紹介するブログです。

元美容師が教える抜け毛の原因と対策

f:id:rerereflow:20151103144504j:plain

シャンプーのたびに抜け毛が気になる・・・朝起きると枕にいっぱい抜け毛が・・・。

抜け毛や薄毛の原因は人それぞれです、いくつかの要因が重なっておこる場合もあります。
まずは自分の抜け毛の原因を知って行くことが大切となります。
抜け毛の原因と対策を探っていきましょう。

という内容になっております。

抜け毛のしくみ

髪は1ヶ月で約1.2cm伸びます。
しかし、いつまでも伸び続けるわけではありません。
一定の期間で抜け落ち、同じ毛穴からまた新たな髪が生えるということをくり返します。
これをヘアサイクルといい、平均すると4~6年の周期になっています。
ヘアサイクルは髪が伸びる「成長期」、髪の毛が成長しなくなる「退行期」、髪が抜け落ちる準備を始める「休止期」に分けられます。
休止期には毛根が浅くなり、その毛穴の奥で次に伸びる髪が成長しています。
そのため、やがて新たな髪に押し出される形で自然と抜け落ちていくのです。
これが狂ってきて異常な抜け毛を発生させます。
男性ホルモンも抜け毛の原因になります。
男性ホルモンは男性にしかないと思っている人もいますが、女性にも男性ホルモンは存在します。
この男性ホルモンは、頭皮に働きかけ、発毛を阻害し、抜け毛を進行させます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

抜け毛の種類

抜け毛が増えるタイミングや時期

人によって個人差はありますが春と秋に抜ける髪が増える傾向があります。
これは夏や冬厳しい温度の受けた影響が後から出るためで、予防は夏前、冬前からしていかなければいけません。

ヘアケア方法を間違っている

ヘアマッサージで叩くのがよいときいて叩きすぎて頭皮に損傷を加えてしまったりすることもあります。
石けんシャンプーのあと酸リンスをしていないとか、良いといわれる方法をうるおぼえでやってしまっている場合が多いようです。
抜け毛の増加に気づくということは何か間違っていることをしているかも?ということを最初に疑ってみましょう。

ストレスやホルモンバランス

日々のストレスやホルモンバランスで抜け毛が増えることがあります。
ストレスは自分で感じてなくても受けていることが多く、ストレスを受けた数か月後に抜け毛が発生しますので原因がわからない場合も多いです。
ホルモンバランスの場合男性はAGAを疑ってみましょう。
この場合は自分でどうこうするより早めに医師の診断を受けることをおすすめします。

食生活

抜け毛にかぎったことではないですが正常な髪サイクルのためにも健康な身体が大事です。
暴飲暴食はもちろん体に悪いのですが、あまり気にしすぎてストレスになるのも問題ですので注意しましょう。

睡眠不足、生活が不規則

睡眠不足は万病の原因ともなりますので、良いことはひとつもないです。
健やかな身体が正しいヘアサイクルをつくります。
規則正しい生活と睡眠が何事にも大事ですね。

紫外線が原因

もし仕事やレジャーで強い紫外線を浴び続けていたならばその後の抜け毛は覚悟しなければいけません。
それほど紫外線の影響は強く、最悪皮膚がんのおそれもありますので、紫外線をあびることがわかっていれば必ず対処するようにしましょう。

喫煙、過度の飲酒

喫煙、飲酒は抜け毛に直接的影響はないですが健康を守るためにも適度にたしなむようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

無理なダイエット

若い世代の薄毛・抜け毛の原因の1つに、無理なダイエットの影響があります。
美しく健康な髪の毛を維持するためには、女性ホルモンのバランスが整っていなければなりません。
成長期にキチンと栄養を取らないとホルモンバランスが崩れ若くても抜け毛が多くなってしまいます。

産後の抜け毛

妊娠中、産後は赤ちゃんに栄養を取られてますので一時的に抜け毛が増加します。
さらにホルモンバランスやストレスの原因もあります。
しかし産後元の体調にもどれば抜け毛は収まりますので過度の心配は必要ないと思います。

病気の可能性もある

円形脱毛症や産後やその他疾患での抜け毛の可能性をぬぐいきれません。
上記の方法を試しても抜け毛が改善しなければ医師の診断を仰ぎましょう。

抜け毛の対策

抜け毛は一定ではありません。
1日数本から150本程度は正常の範囲いないといえますが、個人差もあります。
抜け毛の長さや毛根を注意してみましょう。
もし短く毛根が痩せたままで抜けているならヘアサイクルが異常化している場合があります。
長いままの抜け毛は量が多く心配になりがちですが、長くて抜けるということはヘアサイクルで抜けている場合が多いのであまり心配はしなくてもよいです。
ヘアサイクルが正常でない場合を考えてみましょう。

シャンプーを疑ってみる

もし洗浄力が強すぎるシャンプーを使っていたならば変えてみる価値はあります。
ラウリル硫酸系のシャンプーは洗浄力が強いので皮膚が弱い人は油分をとりすぎて頭皮が傷む場合もあります。
次に石けんシャンプーの場合。
石けんは安全性は高いのですがアルカリが強く必ず酸リンスで弱酸性に戻すことが大事です。
それを怠ってそのままにしておくと雑菌が繁殖しやすく肌荒れにつながる場合もあります。

食生活を疑ってみる

頭皮に限ったことではないですが、肌の調子がわるかったり体調がすっきりしないときは当然頭皮も影響されます。
髪によい食べ物ばかりとっても不健康ですのでまずはキチンとした食事で健康な身体を目指しましょう。

ストレスを疑ってみる

ご自分でわかってるストレスは対処できますが、気づかず受けているストレスも多いと思います。
適度にストレス発散しましょう。

睡眠を疑ってみる

睡眠不足は何事にも悪影響があります。
精神的にも健康的にもよくないので身に覚えがある方は改善しましょう。
髪の毛は寝ている間に成長ホルモンが出ますのでそれが短いとヘアサイクルに乱れが生じます。
毛母細胞が一番活発に活動する時間帯は夜の10時~2時で成長ホルモンは夜中1時~2時が一番分泌されやすい時間帯です。
そしてこの成長ホルモンは寝てから約30分後から分泌され始めてから3時間が一番分泌されます。
夜の10時に布団に入って寝始めて深夜2時までぐっすりと寝る事がベストな寝る時間ということですね。

マッサージしてみる

頭皮を畑だとすれば硬い畑には良い農作物がみのりません。
健康な頭皮の状態は柔らかく青白くみえます。
マッサージといっても叩いたりつねったりする激しいものはおすすめいたしません。
頭皮に傷をつけてしまっては本末転倒です。
頭皮をゆっくり動かすようにマッサージすることが大事です。
指の腹で押してその指をずらさず動かしてみてください。
最初は硬くて動かない頭皮でも徐々に動くようになります。
動くということは血行もよくなりますので、是非つづけてみてください。

抜け毛が多いと思った時の注意点

抜け毛が急にふえたりするとびっくりしますよね。
びっくりしてそればかり気にしてしまう方も多いと思います。
抜け毛は原因のあるものや加齢によるものもあります。
落ち着いて適切に対処すれば解決策はみつかります。
加齢による抜け毛でも落胆せず、どういうヘアスタイルが似合うか研究してみましょう。
悩んでいても何も始まりません。
頭頂部のボリュームアップ方法や帽子やヘアピースなど意外と楽しい世界が広がっていきます。
隠したい気持ちはわかりますが、そういうマイナスな感情は表情や行動に出てしまいます。
開き直って自信を持って次のステップへ進んだほうがハッピーになれると思います。

抜け毛におすすめの育毛剤やシャンプー

シャンプーで育毛効果をうたっているものも多数ありますが、シャンプーは洗う成分ですので洗浄成分で選びましょう。

デミ コスメティクス ミレアムシャンプー

シャンプー解析サイトで優秀なミレアムシャンプーです。
ベタイン系で洗浄力がマイルドで抗炎症成分も入っていて抜け毛対策にもばっちりです。

シャボン玉 無添加せっけんシャンプー

カリ石ケン素地だけのシンプルな成分ですので肌安全リスクは高いです。
ただ洗浄力が強めで酸リンスが必要なのは面倒かもしれません。

サニープレイス ハイグレード 精炭酸ザクロシャンプー

育毛シャンプーとして有名ですが皮膚環境を整えるシャンプーとして優秀です。
洗浄力が強めなのは皮脂が多めの方に向けて作ってあるからだと思います。
それで内容成分も豪華なので髪がものすごく傷んでる人以外は誰にでもおすすめできるシャンプーです。

アンファ スカルプD

育毛用シャンプーですが育毛効果はそれほど期待できませんがアミノ酸系のマイルドで悪くないシャンプーです。
少々お高めですが育毛してる気分にするのも大事な効果ともいえるでしょう。

サニープレイス ザクローペリ

お安くて効果が期待できると人気な女性用育毛剤。
ザクロ成分のエストロゲンが女性ホルモンのかわりをしてくれるといわれています。

大正製薬 リアップ×5

有効成分ミノキシジルを配合した男性用育毛剤医薬品。
医薬品なので他の育毛剤よりは期待値アップです。

医師の処方 プロペシア

AGA((男性型脱毛症))に有効とされる唯一の方法。
医師の診断が必要とされますが色々試して散財するよりは期待できると思います。
AGA治療薬全般に言えることですが効果が出るまでには時間がかかります。

抜け毛の原因と対策のまとめ

抜け毛の原因は様々ですが何かしらの解決策はあるはずです。
隠しがちになったり気にしすぎたりは何も解決にはなりません。
薄毛が恰好悪いとだれが決めたんでしょうか?
そういう風潮があるために悩んでしまっている方も多いのではないかと思います。
なかなか難しいとは思いますが、恰好良い恰好悪いは個人の主観で薄毛=恰好悪いという風潮がなくなればよいと思います。
そこには商売や何かの利害関係も成立してると思いますので、少人数の人が提唱しても変わらないのかもしれません。
悩み過ぎず堂々としていたほうが恰好良いではないでしょうか。
この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。