読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元美容師が教える美容院と髪のこと

元美容師が美容院と美容師、髪の毛のことを紹介するブログです。

元美容師が教える成人式におすすめの髪型と振袖の着付け・帯結び

f:id:rerereflow:20150924103251j:plain

成人式のときの髪型や振袖選びに困ったことはありませんか?

直前になってあせってもなかなか決まらなかったりと、一生に一回のイベントなので失敗はしたくないですよね。
これから成人式を迎える方のために失敗しない美容院の選び方や振袖の選び方髪型のおすすめなど紹介いたします。

 成人式の準備

みなさまはどのくらい前から成人式の準備をしますか?
今だと貸衣装や着物屋や写真館が1年くらい前からキャンペーンをやってたりします。
早ければ早いほど安くなるようにできていて購買意欲をかきたてる商法です。
むろん美容院、着物屋、写真館それぞれ別に予約するよりも楽でお得になってます。
値段で決めるなら早いうちに決めてしまうのも一つの方法ですね。
写真館によっては当日全員撮るのは難しいので前撮りという形でやっているとこもあります。
男性の場合はよほど変わったことをしない限り当日近くでも準備は間に合うでしょう。
今回は女性の特に振袖の場合についてご紹介したいとおもいます。

成人式のおすすめの髪型・選び方

当日は相当数の式に出る方がセットしますので当日の予定変更は厳しいので前段階での打ち合わせが大事になります。
何を着るか、どんな色柄か、によっても合う髪型が違っていきます。
ドレスや洋服ならば「かわいく」「かっこよく」などイメージを伝えたほうが話が伝わりやすいでしょう。
どうしてもつかいたいヘアアクセサリーがあるばあいは打ち合わせの段階でみせておきましょう。
後にも先にも2度と無いイベントなので自分の意志で決めればどんな髪型でも問題ないと私は考えます。
着付けヘア撮影セットの予約の場合広い場所を借りて一気に大人数を施術することが多く、似たような髪型が増えるのはこのためです。
このような場合も前段階の打ち合わせで伝えておけば希望どうりの髪型にはなるでしょう。
わかりやすく写真など見せるのもよい方法ですね。
最近だとリボンのようなセットやミッキーのような耳ヘアなど特徴的なポイントがあると無難になりすぎずまとまります。
今また日本髪をしたがる方が増えてきてバリエーションがひろがってます。
カツラをかぶると本格的になりすぎるので、地毛をつかう新日本髪もアレンジで今風に。
振袖とのバランスもありますので、事前の打ち合わせを念入りにしましょう。
自分で完成図が思い浮かばなくてもキーワードを伝えれば美容師さんが考えてくれますので心配ありません。
一人で考えるより大人数で考えたほうが良いものが出来る確率はあがりますね。
キーワードが思い浮かばないときのために少し紹介しておきましょう。

  • 「かわいらしく」
  • 「ふんわり」
  • 「スッキリ」
  • 「かっこよく」
  • 「崩れにくく」
  • 「派手に」
  • 「大人っぽく」
  • 「地味めに」
  • 「女性らしく」
  • 「ロックぽく」
  • 「シンプル」
  • 「ゴージャス」
  • 「花魁風」
  • 「大正風」
  • 「キャバ風」

などなど

キーワードを伝えてもニュアンスの取り違いもありますので、やはり写真とセットで伝えるほうが良いでしょう。

髪飾りも重要なアイテムで存在が大きければ髪型はそれを生かすためシンプルにするなど主役にもなります。
花結い師 TAKAYA氏で話題になった生花をつかったインパクト大のヘアスタイルなども取り入れたらおもしろそうですね。
菊やユリの花などは縁起が悪いなんていう方もいらっしゃいますが上手につかえば大丈夫だと思いますので気にせず好きな花をかざりましょう♪
小さなものをごちゃごちゃつけるよりは大き目のものかインパクトあるものをつけたほうがバランスがとれるのでおすすめです。

髪がショートの場合でもアレンジ次第で振袖に合いますし、ウィッグでイメージ変えちゃってもよいと思います。
また式が合わった後に同窓会や集まりで洋装に着替えた時にくずさなくてもいいようにセットしておくという考え方もあります。
せっかくのヘアスタイルすぐにくずしてしまうのはもったいですものね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

成人式おすすめの振袖の選び方

成人式は振袖を選ぶ女性の方はまだまだ多いと思います。
貸衣装にするか、買ってしまうか色々悩むところは多いです。
貸衣装の場合、早ければ早いほど多くの種類の中なら選ぶことが出来ます、そうです早いもの順なんです。
衣装屋さんも1軒だけではなく2~3軒みたほうが良いものが見つかります。
早く動いたほうがお得になる場合も多いので早め早めに準備しておきましょう。
購入する場合ですが金額も大きくなってしまいますので、後々必要かどうかよく考えて決めましょう。
相手はプロですので断りづらい雰囲気を出してきますが、必要ないならきっぱりとことわりましょう。
まず予算を決めて、色・模様などを決めていきましょう。
上をみたらきりがありませんので。

色別印象の違い

ピンク・イエローの成人式の振袖

ピンクや黄色の薄い色は優しさやかわいらしさを感じさせる効果があります。
比較的小さな柄のものが多く、柔らかな雰囲気に見せるでしょう。
また色的に膨張色でもあるのでスリムな方にむいてるといえます。

赤の成人式の振袖

赤系は柄によって大人っぽくなったり七五三のイメージのように幼くなったりと幅が大きく人気の色です。
日本人の肌の色を血行よく見せる相性の良い色ともいえます。

黒の成人式の振袖

強くかっこよいイメージをもたせる黒。
引き締めてみせる効果もあり体系がポッチャリ気味の方におすすめです。
柄も金などの色が多く、少し夜のイメージもつく魅惑の色ですね。

紫の成人式の振袖

高貴な色ともいわれ、少し幼さが気になる方も大人っぽく見せてくれる色です。
これもまた肌の色をよく見せてくれる日本人の肌には相性のいい色です。

緑や青の成人式の振袖

薄い青や緑はさわやかなイメージを与える色です。
濃い緑や青は選ぶ人も少なく女性っぽいイメージもあまりないので難しい色ですが希少な意味でめだちやすいので印象にのこるかもしれません。

完全に白があまりいないのは花嫁のイメージがおおきいためですね。
一番印象を左右するのは色だと思いますのでしっかりと考えて選びましょう。
また古着のレトロな振袖をチョイスするというのもひとつです。
ヘアスタイルやアイテムなどトータルでコーディネートしなければいけませんが好きな方には楽しい作業になるでしょう。
ゴスロリ風アレンジやサイバー風、花魁風など自由に楽しんで個性を出すのもよいと思います。

成人式の着付けと帯結び

二十歳で振袖慣れしてる方は少ないでしょう。
成人式の時の着付けは初めてとか、着付けの上手下手もわからないものです。
行きつけの美容室でも着付けが上手かどうかはわかりませんよね?
同時に何十人もやる場合その時だけのお手伝いで呼ばれる着付け師さんも多く選びようがありませんね。
そもそも上手な着付けとはなにか?

1・見た目がキレイ

もちろん見た目が大事です、帯の位置・おはしょり・襟の処理など見た目が美しいことはそれだけ細部にこだわっているということ。
コンテストなどではミリ単位の見た目を競うものでそういった経歴も上手な証となるでしょう。

2・苦しくない

これは着付けてもらわないとわからないことですが、経験の豊富で上手な着付け師さんは苦しくない着付けのコツをわかってらっしゃいます。

3・着崩れない

これも技術によって差がでるところです。
式場につくまでにガタガタなんてことも・・・あるそうです。

ではどこで見分ければいいのか?美容組合の講師会というところでは上級着付け師という免許制度もあり結構厳しい試験ではあります。
このような着付け免状の看板を掲げてるということは自信があるということなのである程度の目安にはなるでしょう。

振袖の帯結びは変わり帯結びといってその時流行してる形が多く使用されます。
これも各団体が毎年新作を発表しており、このレパートリーが多さも上手な着付け師さんの見分け方ですね。
立て矢・文庫・お太鼓といったベースにアレンジを加えていく折り紙のようなもので無限に表現できる着付け師さんの腕の見せ所ですね。
モチーフとして蝶や花をイメージしたものが多くありもしリクエストできるようなお店ならば注文に応じてくれるかもしれません。
小物にも注目しましょう。
最近半襟がレースになっていたり色柄になっていたりと、半襟が変わるだけで雰囲気がガラリと変わるのも面白いですね。
足袋も色物柄物が徐々に増えてきています。
成人式は冬の時期に行う地域が多いのでショールもセットになってる場合が多くゴージャスに見える良いアイテムです。
ネイルも振袖に負けないくら派手にしてしまっても全く問題ないので余裕があればこだわってみましょう。
こうでなくてはいけない!という概念は捨てて自分らしいアレンジで楽しんでみると良いと思います。

成人式におすすめの髪型・着付けのまとめ

一言に成人式の装いといっても、振袖からはじまりヘアセット、メイク、髪飾り、小物までトータルでの準備が必要です。

若い美容師さんのなかにはシンプルで難しい夜会や新日本髪などできない場合もあるのでその辺も注意が必要です。
とはっても事前にわかっていればプロですので練習するでしょうし、当日になっての無理難題はやめておきましょう。
メイクに関しても慣れてないとナチュラルメイクにしてしまったりしてあとで薄い!なんてならないようにしましょう。
振袖は思ってるより派手なので濃いメイクくらいでちょうどよいのです。
当日自分で準備することは睡眠をよくとっておくことと、軽い食事をとっておくことです。
着付けして気持ち悪くなってトイレにこもりっぱなし・・なんてならないように体調にはきをつけましょうね。
おすすめの成人式の装いというよりはいい美容師の見つけ方のようになってしまいましたが、満足のいく仕上がりのためには欠かせない要素です。
気に入ったようにできなかった…など後悔の言葉もよく聞かれます。
一生に一度の成人式、後悔のないようしっかり準備しておきましょう!
この記事を最後まで読んで少しでもご参考になれば光栄です。