読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元美容師が教える美容院と髪のこと

元美容師が美容院と美容師、髪の毛のことを紹介するブログです。

元美容師が教えるストレートパーマと縮毛矯正の違いと効果

f:id:rerereflow:20150903111345j:plain

ストレートパーマと縮毛矯正。どちらも髪の毛を真っすぐにすると言う点では、同じものと思われがちです。
役割や目的が違いますので、2つの特徴と違いをまとめてみましょう。

 ストレートパーマと縮毛矯正の違い

真っ直ぐに伸ばすパーマネントの種類の中の一種が縮毛矯正という形になります。
ストレートパーマと縮毛矯正はどちらも髪の毛をまっすぐにするのは同じですがしくみがちがいます。
ストレートパーマはパーマをかけた後とったりするもので、くせを伸ばす効果はありません。
縮毛矯正は熱により元来の頑固な癖も伸ばせます。
1剤・2剤で髪の結合を切り再結合させるのはカールさせるパーマと同じでそれのストレート版となります。
縮毛矯正は薬剤プラスアイロンの熱によってさらに真っ直ぐにさせるもので傷みが大きいのもこちらです。

ストレートパーマの特徴・効果

ストレートパーマは薬剤だけでコーミングやストレーナーでパーマをとったり少しボリュームを抑えたりするのに適しています。
傷みの状態や希望するヘアスタイルで薬剤や施術方法を変えますが、強い癖を伸ばしたりはできません。
昔はパネルに張り付けて形を固定させていたのですが、断裂などの事故が多く禁止されてしまいました。
薬剤もメーカー問わず、チオグリコール酸系・システィン系・化粧品登録のサルファイト・システアミン・スピエラなどたんくさんあります。
髪の状態によって使い分けるのですが、それが値段の差になってる場合も多いです。
髪の状態をみて薬剤の選択できるサロンが良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ストレートパーマの料金

今やストレート専門サロンなどもあり値段もさまざま。
クーポンを利用して3000円くらいから15000円くらいまで幅広くどこを選んでよいかわからないですよね。
カットやシャンプーが別料金なんてこともあるのでトータル料金で考えるようにしましょう。
カット料金から判断するのがわかりやすいかと思います。
カット30分3000円だとしたら、ストレートパーマ90分9000円くらいが妥当でしょう。
傷んでひろがってしまっては本末転倒なので髪の状態をみて施術してくれるサロンでおねがいしましょう。

ストレートパーマの持続期間

基本パーマネント(永久)なので一度かけたところは元に戻りません。
しかし日にちがたつとうねりやひろがりが出てしまうときがりますよね?
あれはほぼ傷みのせいです。傷んでるところと健康毛の乾燥スピードの差でうねりやはねが出てしまうのです。
傷みをすすませない、現状維持が長持ちさせる秘訣です。

ストレートパーマの注意点

ストレートパーマはあくまでもパーマをとるものなので強い癖や傷みがものすごい人にはむきません。
安いからといって癖が強い人がやっても無駄に終わってしまうので注意が必要です。
傷みの程度はロッドを巻くパーマ程度なのですが、真っ直ぐという見た目のせいか目立ちます。
あまり頻繁にカールとストレートを繰り返してはいけませんね。

ストレートパーマのおすすめヘア

パーマをかけてしまったけどとれてきてまとまりがつかないかたや、ボブなどで根元はボリューム抑えて毛先だけ丸めるときなど。
スタイルチェンジが多い方、伸ばしかけのかたなどにおすすめです。
ストレートというのはツヤが大事。
傷みとうまくおつきあいしてツヤをキープしましょう。

縮毛矯正の特徴・効果

薬剤で結合をコントロールするのはストレートパーマと同じです。
そこに180℃のアイロンの熱によってくせ毛のもつねじれや頑固な水素結合(寝癖の元)までまっすぐにするというもの。
現在薬剤の進歩が進んで相当なクセでも真っ直ぐになります。
アメリカなどでは日本より薬剤の濃度の規制がゆるいのでアフロヘアものばせちゃう強い薬剤もあります。
ストレートパーマよりまっすぐ感が強いのもたしかで、へたな技術者がアイロン操作すると前髪が河童のように浮いてしまったりするので危険です。
薬剤よりも技術内容が7~8割占めるので腕のたしかな評判のいいサロンをおすすめいたします。

縮毛矯正の料金

こちらも出始めのころよりだいぶ価格が下がってはいますが、それでもサロンメニューのなかでは高料金の部類。
Mr.ハビットなど強気のサロンでは4~5万した時代もありました。
こちらもカット料金を基準に換算すると、2時間~3時間で12000円~18000円が適切でしょうか。
アイロン操作が入るので時間がプラスされていますね。
値段の中身は薬剤代+人件費+光熱費なので値段の設定はサロンの自由なので、自分の予算と希望にあったサロンを探しましょう。
薬剤としてはストレートパーマとほぼいっしょなのでくせの強い場合軟化に時間かかるとか少し技術的に高度なのも値段に反映されています。
元々そんな癖がないのにがちがちの縮毛して「はい、2万です。」って言われたら「高い!」ってなりますよね。
誰が何を必要としてるか?がマッチングしてないと効果があったとか好評価には結びつかないのですね。

縮毛矯正の持続期間

こちらもストレートパーマと違いはないのですが、アイロン操作の分傷みは大きいと言えます。
いくらサロンでその日つやつやでも次サロン行くまでの間は自宅での管理ですので比重は家庭のケアのほうが大事。
長持ちさせるには、傷む原因となるものを少しでも減らすことです。
より良い弱い洗浄剤のシャンプーを使い、トリートメントで保護し、ドライヤーで丁寧に乾かし、紫外線など外敵から守り~などなど。
ツヤがあるとどんな髪型でも素敵にみえますのでツヤ感のために頑張りましょう♪

縮毛矯正の注意点

縮毛矯正は技術と知識が必要なパーマです。
自宅でできるアイロンと抱き合わせになった薬剤など売ってますが、おすすめしません。
髪の状態を判断できないと断裂やビビリ毛などの危険がありその危険を考えたらサロンへいったほうが安上がりだと思います。
どのくらいのストレートにしたいのか?髪の状態などカウンセリングに時間を割いてもらえるサロンは良いですね。
アイロン操作はできれば、一人の方にやってもらったほうが左右前後の差がでないです。
逆にいうと技術がほぼ仕上がりを決めるのでアシスタントにまかせっきりで低価格なとこは危険も多いということになりますね。
そのくらいアイロン操作の役割が大きいです。

縮毛矯正のおすすめヘア

老若男女人種問わずクセがある人にはお勧めします。
直毛の方はわからないとおもいますがくせが強い人の悩みは相当なものです。
それが一時的とはいえ憧れのサラサラヘアになるのですから感動でしょう。
癖のタイプを3つに分けるとすると、

・湿度が高い時や濡れるとクセが出てくる

 ⇒シスチン結合の影響が大きいクセ

・湿度が高い時や濡れるとクセが伸びる

 ⇒水素結合の影響が大きいクセ

・湿度が高い時や濡れるとクセがドライ時にさらに強くなる

 ⇒シスチン結合と水素結合の両方が影響しているクセ


このようになり、どの薬剤をつかってどういう工程で伸びるかを見極めるのが本当に難しいものです。
それぞれでどのくらい傷みがあるかによっても工程がちがいます。
またアイロンで表面を均一化するので光の反射もふえツヤもアップするのも魅力です。
縮毛矯正をして髪が良くなったと勘違いするとは思いますが、実際は施術前より傷んでますのでご注意を。
今はホットパーマ(デジパー)との組み合わせで途中からカールつけるなどもできますのであらゆる方におすすめできます。
ストレートという印象は髪の色にもよりますが、マイナスイメージにつながる要素が見当たりません。
男性や髪の短い人もかけることはできますが地毛がのびてかけたところと変わらなくなるのが早いので持ちがわるいといえます。
やはりどうせするなら髪の長いほうがお得かもしれません。
実は力士の小錦や曙がくせが強すぎて髷が結えないので縮毛矯正していたというのは有名な話です。
これは商売上必要なことですのでいくらお金をかけてでも出来るのと出来ないのではもの凄い差がありますね。

実際髷を結えなくて力士を断念した外国人さんもいらっしゃったとか・・・余談がすぎました。。。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ストレートパーマと縮毛矯正あとのケア

よくストレート(縮毛矯正)したあとはシャンプーしないほうが良いといわれます。
それは残留アルカリがあり完全に中和するまで24時間はかかるので、その間に跡がつくのを心配してるわけです。
シャンプー剤はアルカリ系が多く界面活性剤でキューティクルを開いてしまいそのあと強い力を加えると跡が残る可能性が少しあるだけです。
風呂にはいるな!といってるわけではなく24時間くらいは固定させたほうがいい・・・くらいでおぼえておきましょう。
お風呂に入っても大丈夫だし、濡らしても大丈夫です。
濡れたまま強く縛って寝てしまったりとかしなければあまり過敏に注意することはありません
ストレートや縮毛矯正だからといって特別なことはありませんが日々いたわってあげることが大事なんですね。
せっかくいたわっているのに、髪が引っかかったら「ブチッ」ってちぎってしまっては本末転倒ということです・・・

ストレートパーマと縮毛矯正のまとめ

芸能人のつやつやさらさらヘアにあこがれる方も多いと思います。
そう見える方はほとんど縮毛矯正してると予想されます。
自分は直毛と思っても、「まとまらない」「膨らむ」と感じるときはほぼ何割かくせ毛が混じっているものです。
質感と見た目が良くなってもパーマをかけたら施術前よりは確実に傷むもの。
傷んだせいでまとまらないのに縮毛を何回もかけてしまうなんて間違いも結構あります。
この技術も結構最近発達したもので、日進月歩日々進化しています。
美容師さんの間でも討論が頻繁にされるのもこの話題が多いです。
正しい情報と判断でストレートパーマ(縮毛矯正)を活用しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます、この記事が皆様の参考になれば光栄です。