読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元美容師が教える美容院と髪のこと

元美容師が美容院と美容師、髪の毛のことを紹介するブログです。

元美容師が教える自分にあった美容院の選び方!!

f:id:rerereflow:20150326153026j:plain

街にどんどん新しくできている美容院。

地域によってはコンビニよりも多いということもありますね。
最近では外観も、とてもおしゃれだったり個性的なお店も多く、気になってる美容院があるという人も少なくないでしょう。
でもいきなり新しいお店に行くのはちょっと勇気がいるものですよね。
有名店だからといって自分に合うとは限らないし、なかなか自分好みの美容院に出会うのは難しいものです。
ここでは元美容師の視点で、お気に入りの美容室をみつけるためのポイントをお教えします。

美容院選びで失敗しないために

理想の自分をイメージする

おしゃれな美容院で上手な美容師に担当してもらえれば失敗しないと思っている人は多いものです。
間違いではありませんが、より失敗を少なくするには「理想の自分」をイメージすることが大事です。
漠然と「素敵な髪型に・・・」と思って美容室へ行ってうまくいくこともあるでしょうが、自分の好みをしっかり伝えることで失敗する可能性はぐっと減ります。
といっても、難しく考えることはありません。
「若々しく見られたい」「落ち着いた雰囲気に」「モデルの○○ちゃんのようになりたい!」という感じでもOKです。

自分が求めているものを明確にしておく

ひと口に美容室といっても、客層や需要によって得意な分野が違うものです。
学生のお客さんが多ければ学生向きのヘアスタイルが得意だったり、結婚式やパーティ向けの華やかなヘアスタイルが得意な美容院もあるでしょう。
髪の傷みやヘアケアに力を入れている美容院もありますが、若干料金が高くなることもあります。
髪質・ヘアケアにこだわりたい人には美容院選びの重要なポイントになりますが、髪の傷みが気にならない人には必要ないですよね。
髪をきれいに整えるためだけでなく美容院でゆっくりしたい、リラックスしたいという人には、技術もさることながらお店の雰囲気も大事になります。

これらの事をはっきり意識することで美容院も選びやすくなるし、失敗も減らすことができます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

気になるお店を探す

お店の外観をチェック

f:id:rerereflow:20150326152959j:plain

お店の外観というのはそのお店のコンセプトが現れていることが多いです。
外観が派手だったり、華やかであれば、客層も派手な人が多くなりますし、落ち着いた雰囲気の外観であればそういった客層が多くなります。
直感的に「入ってみたいな」と思った美容院は自分に合っている可能性が高いです。
インスピレーションというのは意外と重要なんですね。
ここで注意したいのは、外観がよい=技術もよいということではありません。
あくまでも自分にあった美容院を選ぶためのひとつの要素だということです。

ホームページをチェックする

f:id:rerereflow:20150326153418j:plain

気になる美容室が見つかったら、そのお店のホームページをチェックしましょう。
ほとんどの人が料金やアクセスマップくらいしか見ない美容院のホームページですが、美容院選びに重要なポイントがたくさん詰まってます。
メニューや料金表のチェックはもちろんですが、ホームページのどんなところをチェックすればよいのかを紹介しますね。

美容院の内装をチェック

実際に行かなくても内装までチェックできてしまうのがホームページのよいところですね。
落ち着ける雰囲気がよいのか、明るく楽しめる雰囲気が良いのか、これも自分の好みに合っているかチェックしましょう。
子育て中の人にはキッズルーム完備なんて言うのも選ぶポイントになるかもしれませんね。

スタッフの服装やヘアスタイルをチェック

ホームページでスタッフの紹介をしてるときはぜひそれもチェックしましょう。
美容師の自己紹介や得意分野をアピールしていることもあります。
ホームページ上で悪いことは載せないだろうというのはありますが、それでもお店の雰囲気をみるには十分といえます。
自分の好みに近いファッションやヘアスタイルのスタッフが多ければその美容院が自分に合っている可能性は高いでしょう。
さらに、美容師のヘアスタイルのなかで気に入ったものがあれば「○○さんのような髪型してください!」と注文することもできますね。
ヘアカタログのモデルの切り抜きを持っていくよりも確実です。
だって、そのヘアスタイルを作ったのはその美容院のスタッフなんですから。
(まれに違う美容院に通ってる美容師もいますが・・・)
ただ実際お店に行ったらその人の髪型が変わってた、なんてこともよくあります。
なんせ相手は美容師ですからヘアスタイルなんてしょっちゅう変えてます。
そんな時は「ホームページに載ってた○○さんの髪型に・・・」と注文すればよいだけです。
その美容室で手掛けたお客さんやカットモデルのヘアスタイルをのせている場合は、それも参考になりますからチェックしてみましょう。

メニューをチェック

最近は美容院といっても髪を整えるだけではありません。
メイクや着付けからエステ・ネイル・まつ毛のエクステまで様々です
「ここの美容院でこんなこともやってるんだ!」というのが美容院選びの決め手になることもありますからメニューもチェックしておきましょう。

また独自のこだわりある施術方法を取り入れている美容院もあります。

  • 炭酸水や軟水を使用するなど水にこだわっている
  • 髪の痛みを抑えるためにパーマ・カラーの前処理、後処理にこだわっている。

そして、このようなこだわりがある美容院は大抵ホームページ上でもPRしてるものです。
自分のこだわりに合わせて美容院選びの参考にするとよいですね。

美容院でのまつ毛エクステやまつ毛パーマ・トリートメントについてはこちらで解説しています。

biyouin.hatenablog.com

biyouin.hatenablog.com

混んでいる美容院はよい?

自分が美容室に行こうと思ったら、あまり混雑していない美容室でゆったり施術してもらうのが理想ですよね。
ただ、混んでる美容室は、人気があるから混んでるのであり、いつもお客さんが入っていないような美容室にはそれなりの理由があるものです。
人気があればよいというものではありませんが、お客さんの数をこなしていればそれだけ技術の向上も見込めるというのもあります。
いつでもある程度のお客さんが入っているような美容室というのは技術がよい可能性が高いといえますね。

 料金が安い美容院はよくない?

f:id:rerereflow:20150326153544j:plain

安い美容院は質が低いのかといえば、これは一概に言えないところです。
企業努力で低価格に設定しているお店もありますし、立地の関係で高い料金設定にしてる場合もあります。
料金体系だけを見て技術がよい、悪いは判断できませんが極端に料金が安い場合は最低限の施術しか行っていない場合が多いです。
スタイリングやヘアケア、マッサージなどのサービスをしないことで安い料金を保っているのです。
美容院に癒しやリラクゼーションを求めない人には余計なサービスがなくて、安く済むほうがよいですね。

 

一人の人に最後まで担当してほしい

f:id:rerereflow:20150322134458j:plain

美容師がたくさんいる大きな美容室は流れ作業みたいで嫌だという話をよくききます。
私が働いていた美容室でもカットとブローはスタイリストが担当するけど、カラーは色を支持して染めるのはアシスタント、髪のすすぎやシャンプーもアシスタントというスタイルでした。
アシスタントの教育や、効率よく仕事を進めることができるようにということですが、お客さんからすると丁寧に扱われていないという気持ちや、落ち着かないという気持ちなのでしょう。
ただ実際のところ、シャンプーはアシスタントの方が上手だったり、髪染めもアシスタントの方が早くきれいな場合が多いです。
それだけ数をこなしてるということもありますし、練習もしてるのです。
ベテランになるにつれ、カラー塗布やシャンプーは、やる機会が減ってくるのでやはり感覚が鈍くなってしまいます。
常連さんの中にはカットはあの人、シャンプーはあの子、髪染めはその子、と細かく指名される方もいました。
ちょっと視点をかえるとまた違った美容室の楽しみ方が見えてくるかもしれませんね。

 

初めて行く美容院の利用が不安という方にはこちらをご覧下さい。

biyouin.hatenablog.com

美容師のタイプいろいろ

f:id:rerereflow:20150322134107j:plain

行きたい美容院がみつかっても美容師とコミュニケーションをとるのが苦手なんだよなぁ、という人もいるでしょう。
美容師に対してどんなイメージをお持ちですか?
仕事上派手に見られがちな美容師ですが、実際のところはどうなんでしょうか?

美容師はおしゃべりな人が多い?

よく美容院で話しかけられるのが嫌だという人がいますが、美容師はおしゃべりというイメージが多いようですね。
でも美容師も個性ある人間ですからいろいろな性格の人がいます。
というか、おしゃべり大好き!という人の方が少ない気がしてます。
おしゃべりの苦手な人が一生懸命話をするからお客さんが不快になってしまうのかな?と個人的には思っているのですが・・・

美容師は流行に敏感?

美容師がおしゃれとか流行に敏感だというイメージもあります。
これは仕事柄、確かにあるといえます。
もともとおしゃれが好きな人が美容師になってるというのもありますね。

美容師って遊んでそう?

男の美容師ならチャラそう、女の美容師は軽そうといったイメージです。
仕事上派手なファッションやヘアスタイルになることが多いためのイメージでしょうか?
美容師って意外と上下関係の厳しい縦社会なんです。
見た目と違って真面目な人も多いんですよ。
私生活で遊んでるかどうかは結局その人によりますね・・・
若い子だと営業終了後に勉強会や練習なんかで、むしろ遊びに行く時間がないかもしれません。

見た目で誤解されがちな美容師ですが意外と地味な部分も多いんですよね。
少しは親近感を持っていただけたでしょうか?

まとめ

元美容師の視点からいろいろなポイントで美容院を選ぶ方法を紹介させてもらいました。

  • 自分が求めているものを明確にする。(髪型がよくなれば良いのか、スタッフとの会話を楽しみたいのか、癒しを求めているのか)
  • 美容室がたくさんあって選びきれない時は見た目の印象(外観)で選ぶ。
  • 気になる美容院はホームページで美容院の内装や働いている美容師のヘアスタイルやファッションをチェックする。

これらの事を意識して美容院を選ぶと失敗が少なくなるでしょう。
自分にあったお気に入りの美容院を探すための参考になれば幸いです。